9月 07 2013

ダンボールを引っ越しに使う

ダンボールは様々な用途で利用することができます。ダンボールを上手に利用することで、コスト削減をすることもできるので、ぜひ活用方法を知っておきましょう。
ダンボールの利用方法として、一番メジャーなのが「中に何かを入れて、どこかに運ぶ」ということです。同じ大きさのダンボールを利用することで、次々に荷物を積み重ねていくことも可能になります。
引越しの際には、大量の荷物を運ぶことになります。そういった時にもダンボールが便利です。自分でダンボールを調達し、梱包をしていくことで、引っ越しにかかわるコスト削減をすることが可能になります。専用の梱包資材などを使わなくても、しっかりと荷物を運ぶことができます。
ダンボールはホームセンターなどで比較的安価で手に入れることもできますが、スーパーなどへ行けば、無料で手に入れることもできます。スーパーなどに買い物に行った際にこまめにもらってくることで、さらなる経費削減ができそうですね。
ダンボールに梱包する際には、ひとつずつの箱にたくさん詰め過ぎないようにしましょう。楽に運ぶことができるくらいの重さにしておくことで、その後の手間を減らすことができます。荷物を詰める際にはしっかりと梱包材を詰め、中の品物をしっかりと守るのがおすすめです。

 

8月 24 2013

ダンボールを活かすことでコストを抑える方法

個人事業でも会社でも、または自宅においてもコストを抑えることができるのは嬉しいものです。ちょっとした金額でも浮かすことができれば、利益を生みやすくなります。コストを抑えるためにちょっとした良い方法があります。会社や自宅にいらないダンボールがある場合、それを活かすことでコストを抑えることができます。ダンボールはほどよい硬さもあり、安定感もあるため、ダンボールを使って色々な物を作ることができます。ゴミ箱やティッシュケースや書類棚など、アイデア次第ではかなり広い範囲で物を作ることができます。新しく会社をおこす場合や、引越しをして新しい住居に住む場合など、物を買い揃えなければなりません。ちょっとした物でも、数が多ければそれなりに大きなコストがかかります。会社をおこしたときや、引越しをしたときは、金銭的に厳しいことも多いものです。そんなときに、ダンボールで必要な物を作ることによって大きなコストを抑えることができます。ダンボールで物を作るのはそんなに難しいことではありません。また、作るものが決まっているのであれば、完成させるまで時間もさほどかかりません。ちょっとした工夫をするだけで、コストを抑えることができるので、金銭的に厳しい状態のときにダンボールを上手く利用すると助かるものです。

 

8月 10 2013

ダンボールで節約効果

自宅にある様々な物をダンボールを利用して作ることで、家庭の節約効果を得ることができます。大抵ダンボールはゴミとして処分することが多いですが、ダンボールは素材的にしっかりとしているため、色々な物作りに最適なのです。例えば、ダンボールを利用して小物入れを作ったり、本棚を作ったりと色々な物を作ることができます。このように様々な物を作ると、それらを購入するためのお金を節約することができます。家庭で利用する物としては本当に色々なものを作ることができます。ゴミ箱などをダンボールで作ると、汚れても問題ないですし、汚れてきたらまた作り直せばよいのでとても便利です。ダンボールはとても利用しやすい素材で、自分のアイデアを色々な形で活かすことができます。自宅で何か必要な物を購入しようと思っていて、その費用が足りない場合などはダンボールのもの作りにチャレンジをする良い機会でもあります。ダンボールで物を作るために必要な道具などは特にありません。ダンボールとカッターナイフ、ガムテープなど日常的に利用する道具だけでもしっかりと作ることができます。小物入れを作る場合でも、自分のアイデア次第で色々な形の小物入れを作ることができます。節約効果も大きいので、貯金をしたい場合などはとても便利になります。

 

7月 27 2013

ダンボールを使って節約

ダンボールは紙でできています。
勿論、コピー用紙ほどお手頃ではありませんが、軽量な割に頑丈ですし安いのです。
不況時には少しでも節約したいと思うので活用できるアイテムの一つです。
例えば何か荷物を運ぶときのプラスチック製のコンテナは確かにダンボールよりも丈夫で長持ちしますが、
なんといってもダンボールは邪魔な時には折りたたんで部屋やオフィスの隅において次の出番までストックすることができます。
プラスチックのコンテナのように場所をとらないわけです。
これもひいてはコスト削減につながることになりましょう。
またダンボールはプラスチックのコンテナよりもお値段がだいぶ安いものです。
また紙ゴミとして自治体に回収され、再利用されまた誰かの役に立つわけです。
社会的コストの削減といえましょう。
皆さんが荷物がダンボールで送られてきたらそのダンボールは捨ててしまいますか。
例えば野菜などが送られて来たらそのまま冷しいところにおけばそのままストックできます。
冷蔵庫かわりというわけです。
こちらから何かを送るときにも再利用しても全然おかしくはありません。
また、自宅やオフィスで小物などを整理するちょっとした小箱を作るときにも重宝します。
箱の表面に薄く水で薄くのばしたのりを刷毛で塗ってその好みの柄の布を張ってカルトナージュします。
このようにダンボールは皆さんの生活の節約に役立っています。

 

7月 13 2013

ダンボール家具を作りましょう。

みなさんはこのデフレ経済のご時世、節約をしていますか。
絶対に必要な食料などは買わなくてはなりませんが、自分で作ってすむものならばそうしたいのです。
私の家ではダンボールを活用して小さな子供用の椅子を作りました。
小さなダンボールを何個か接着剤でとめ、さらに腰かけるところにもう一枚ダンボールを張りその上から布を貼りました。
重量に制限がありますのであくまで小さな子供用ですが子供たちには大好評でした。
またその小さな椅子はもっと細長く作れば壁際のベンチになったりちょっとしたものを置くスペースにもなります。
更には箱型のダンボールを利用して接着剤で貼り細長く成形して本箱にしました。
これが大変便利で活躍しています。
というのも写真集や画集などは大きいので普通の本棚に入らない場合があるのでちょうど良い大きさだったのです。
本棚などはきちんと選んで買いたいので簡易のこういったダンボールの本棚は表の布を張り替えれば季節ごとに気分も変えられますし壊れたらまた作り直す楽しみもあります。
子供と一緒にこういった簡易家具を作ることも楽しみの一つです。
子供のおもちゃ箱も一緒に作りました。
自分で作ったおもちゃ箱に自分で片付ける習慣をつけることは子供にとってとても良い経験になったと思います。

 

Next »